コンテンツへスキップ

車内にハンディ掃除機を常備して埃対策に

長くマイカーに乗り続けていると、どうしても気になってくるのは車のシートのクッションややダッシュボードの上に白く溜まってくる埃や小さなゴミでしょう。後から取り付けたドライブレコーダーの上にも溜まります。特に空気が乾燥し易い冬場はちょっとした衝撃で埃が舞い上がり、目立つ場所に再び溜まるもの。また冬場は乗車する多くの人間がニットを始め埃を新たに生み出し易い服装で乗り込むものですから、埃の滞留もより激しくなるものなのです。
これらの汚れが目立ってきたらその都度綺麗にしたいものですが、ただ目立つ場所から埃を払いのけても別の場所に溜まるだけですから根本的な解決にはならないものです。
それならいっその事、バッテリーで動く小型のハンディ掃除機を常に愛車の中に装備しておくのはどうでしょうか?普段の用事でも大抵1人でしか乗らない車であれば、後部座席やラゲッジスペースの一部をこの程度の物体が占拠してもそうそう邪魔にはならない筈。ハンディ掃除機を用いて1週間に一度のペースでも定期的に清掃すれば、車内が見違える程綺麗になる筈です。
自宅と駐車場が遠く、中々自宅内からコード付きの掃除機を引っ張ってくるチャンスの無い人にはオススメと言えるでしょう。