コンテンツへスキップ

ヘッドライトの劣化対策はコーティングです

少し古くなった車のヘッドライトを見てみると、黄ばみや曇りが発生していることがあると思います。これはヘッドライトに使用されている樹脂が紫外線や傷、ハードコートの劣化等か原因となっているからです。このように劣化した状態で放置していると、ヒビ割れの原因となってしまうことになり、早めの交換となってしまいます。

このようなヘッドライトの劣化を防ぐ方法として、ヘッドライトのコーティングがあります。ヘッドライトのコーティングでは新車時に塗られていたヘッドライト表面のハードコートを綺麗に除去し、傷があるようなら表面を磨いてコーティングを施すことになります。これにより経年劣化で汚れたハードコートや細かな傷が除去されるので、ヘッドライトを点灯した際に明るさの違いを実感することができます。

あまりにもヘッドライトの黄ばみや汚れが酷い場合には、車検時に光量不足を指摘され合格出来ない場合もあります。その為、明るさが減ってきたと感じている方はヘッドライトのコーティングをオススメします