コンテンツへスキップ

ぎっくり腰になる要因

つい数年前、私は勤務中に突如ぎっくり腰に襲われ腰痛を抱える身となってしまいました。幼い頃はスポーツ万能で身体を鍛えておりましたので腰痛とは無縁の世界でしたが、年を取るにつれ身体の衰えとともに様々な箇所が悪くなってきます。そんなぎっくり腰に関する要因を考えてみたいと思います。

・職種に影響する腰痛やぎっくり腰

現在ではインターネットの普及につれ様々な業種や職種が出てきております。中でも腰に負担を掛ける業種としては運送業や建設業、IT業など様々です。重い荷物を持ったり、重い荷物を運んだり、1日中椅子に座りっぱなしなど明らかに腰に負担を掛ける職種はぎっくり腰になりやすいです。また、立ったり座ったりを繰り返す仕事なども毎日の腰に対する負担が蓄積されやすく注意が必要です。

・腰痛は遺伝する。

私もそうでしたが腰痛やぎっくり腰は遺伝する可能性が高いです。その事を親に話したりすると後になって「私もそうだった。」などと言われることがあります。明らかに腰痛は遺伝すると捉えるべきです。

・まとめ

ぎっくり腰や腰痛は日常のある日突如おそってきます。全く考えもしなかったときに急におこりますので何も準備をする事ができません。ぎっくり腰になると立ち上がる事ができませんので当然仕事などはできなくなります。上記のような事を日常から意識しておき、なった時にすぐに対処できるようにしておくのも準備の一つと言えるでしょう。