コンテンツへスキップ

車のボディが傷つかないようにするために、定期的に車体にはコーディング剤をつけてケアをする必要があります。値段の安さからコーディング剤は油脂系コーディング剤がよく使われていますが、油が入っているのでツヤが出やすく水もはじきやすいとお得でもデメリットがあります。油脂系コーティング剤は耐久性が短いので、長期間ケア効果が続くガラス系コーティング剤の方がコーティング剤には適しています。

ガラス系コーティング剤は選び方には注意がいり、お店で買うよりも通販サイトでガラスコーティングを購入するようにするのが一番です。ガラス系コーティング剤は主成分がガラスでそこに他の成分が入っているものですが、主成分が樹脂製であってもガラス繊維が含まれているものもガラス系コーティング剤に分類されています。樹脂製は油脂系コーティング剤よりも多少耐久性が長いのですが、ケア効果は主成分がガラスのタイプよりも長続きしません。安価なお店の商品は樹脂製であることが多いので、通販サイトで成分がガラスであるタイプのガラス系コーティング剤を入手しましょう。