コンテンツへスキップ

バイクコーティングはガラスコート

バイクコーティングには色々種類があり、一つは昔からあるワックスやオイルを含有したオイルコート、それから最近いろいろな種類が出ているガラス系コーティングがあります。手軽さではプレクサスと言う傷消しオイルコーティングスプレーがあります。これはバイクの汚れをあらかじめ落としておいてバイクに直接スプレーで噴射しマイクロファイバータオルで拭きあげれば完成です。コーティングを施すとボディーはツルツルになりました。手軽に出来る分、コーティングが弱く傷消し効果も薄かったです。2週間もコーティングは持ちませんでした。ワックスは手軽さがなく塗りこまないといけないのと傷消し効果があっても塗りムラが出来てしまい光沢にバラツキがでました。バイクのガラス系コーティング剤はブリスと言うコーティングスプレーがあるのですがこれが一番お勧めです。まずバイクを綺麗に洗車し油膜を落としブリスを濡れたままスプレーしマイクロファイバータオルで拭きあげる。コツは絶対に濡れたままの状態でブリスをスプレーすることです。そうするとブリスが全体に定着しボディに艶が出てツルツルになります。効果は4ヶ月くらいでした。しかし、知り合いが言うには注意しなければいけないのはコーティング剤の中にはアルカリ性の製品があり酸性雨には強くなるけど長く使っているとプラスチック部分を侵食する製品があるとのことです。ブリスは液性は中性ですから安心して買って使いました。